『誰もがあなたに引きつけられる プレゼンスのつくり方』:リーダーシップの体現


(書影をクリックすると、アマゾンのページに移行します。)

プレゼンスと言っても単なる装いや振る舞いの域に限りません。
つまりは、リーダーシップの体現。
これに尽きます。

帯には『経営トップから就活生まで 自信にあふれ、一貫性があり、
周囲が抵抗しがたい「存在感」を身につける。』
とあります。

「完璧な人間になれると信じているのは、結局のところあなただけ」、
と、この本は言います。

わたしたちは率直でいることを弱点と混同しがちですが、
実際にはそれは強みとなり得るのです。

あなたは完璧主義にむしばまれてはいませんか?
・自分を完璧に見せたいがために隠そうとしている弱点や課題の中で、
 人とのつながりを生むかもしれない要素はなんですか?
・隠していたり、いつもないがしろにしたりしている困難や失敗はありますか?
・自分が本当はどんな人物なのかを人が理解できるよう、
 自身について明らかにできることはなんですか?

パンドラの箱を開けなくてもオープンになれます。

「成功の秘訣は知らないが、失敗の秘訣は知っている。
すべての人を喜ばせようとすることだ」 俳優ビル・コスビー

(ほんま!これは失敗のもと!←わたしも苦い経験があります。)

 

『ミラクル』:コミュニティの更新

自分の周りにいる人たちの顔ぶれは、時と共に自然に入れ替わっていきます。
でも、それを意図的に、積極的に行うことで、
環境の変化を自ら創っていくこともできるのです。

わたしは、そのことを寂しく感じる必要はないと思っています。

***

(書影をクリックすると、アマゾンのページに移行します。)

 

「未来行きの汽車」

「発車します。お乗りになりますか?」
「何処へ?」
「さあ、それはあなた自身でお決めください。」

私は
すこしの間ためらってから
思い切って乗り込みました。
小さなスーツケースにおもいきり希望を詰め込んで。

ふと見れば
となりのプラットホームにとまっている汽車は
なんだかずっと乗り心地が良さそうです。
窓には懐かしい顔が並んでいます。
大きな声で私をよんでいるのも聞こえます。

でも私は決めたのです。
この汽車に乗ろうと。

あの汽車に乗っている人々には
もう二度と逢えないかもしれません。
たとえ逢えたとしても
もう同じ切符を持たず、同じ言葉も持たないかもしれません。

さびしいような気がします。

でも
それで良いのです。

私は
先へ行かなければならないのですから。

***

この本を初めて手に取ったとき、わたしはとても勇気づけられました。