『海からの贈物』:それをまた海に返す、と彼女は書いた

  

(各書影をクリックすると、アマゾンのページに移行します。)

著者は、アン・モロー・リンドバーグ
(飛行家のチャールズ・リンドバーグの妻と言った方がわかりやすいでしょうか。)

彼女は、1930年に米国の女性として最初にグライダーのライセンスを取得し、
1931年にはプロペラ機のライセンスも取得。
無線通信士の技術を身につけ、乗務員として夫の調査飛行にも同行。

後年、作家となったわけですが、その1冊がこの本です。

One should lie empty, open, choiceless as a beach
– waiting for a gift from the sea.

我々は海からの贈物を待ちながら、
浜辺も同様に空虚になってそこに横たわっていなければならない。

ふわっとしたエッセイかと思いきや、原語も日本語訳もかっちりとした印象。
それでいて、とてもゆったりしています。

読んでいると、波の音が聴こえてくるような気がしますが、
さすがにそれは幻聴でしょうか…。

 

『神さまはハーレーに乗って―ある魂の寓話』:断して捨して離することの極意

(書影をクリックすると、アマゾンのページに移行します。)

手元にあるのは、1999年の文庫の初版。
もう20年近く前ですね。

スピリチュアル、かつキリスト教の影響が見える本ですが、
主人公の女性が洋服をどんどん捨てていく場面は、
まさに「断して捨して離すること」の体現。
そして、それは「もの」だけではないのです。

「本当に欲しいものは、何か?」
「それは、本当に必要なものか?」

この二つの問いの重要なこと…。

「虚栄心を捨て、あるがままにあれ。結果は後からついてくる。」

はい。

現実から逃避し、過去に執着し、未来を憂い、右往左往する主人公の姿に、
わたしは自分を見ました。

でも、そんな「バニティ・ライフ」から脱却して「素の自分」へ。
「思考や行動のパターン」を変えていくトレーニングとその成果、です。

素晴らしい「ビフォー・アフター」がそこにあります。

 

『世界制作の方法』:パターンとは1回以上起こる可能性のある“ふるまい”である


(書影をクリックすると、アマゾンのページに移行します。)

「パターンとは、1回以上起こる可能性のある“ふるまい”である」。

この本で、この言葉に出会った時、わたしは身体に電気が流れました。
一度、何かしらの事象を目撃したら、
それはパターンかもしれないと考える必要があるということです。

わたしは、「何なの?この人?」という魔訶不思議な人に遭遇したら、
その人だけがそうなのではなく、
他にも同じような行動パターンを持つ人が100万人単位でいるのだと考えます。
(「一人いたら100万人…」と心の中で唱えるのです。)
そう考えることで、対応方法が用意できる可能性が生まれます。

エッセンスからパターンを見出し、
汎用性の高いリソースとして活用する。

事象を個別案件として見るのではなく、本質的なパターンを見出すことができれば、
それは汎用性の高いリソースとなり得ます。

パターンから仮説を導き出すことができれば、効果的な問いも立つでしょう。

 

『シャネル 人生を語る』:激しく強く生きた人

(こちらは、獅子座の女シャネルの新訳だそう。)

(書影をクリックすると、アマゾンのページに移行します。)

シャネル(1883.8.19 – 1971.1.10)という人、
そして、そのブランド名を知らない人はいないでしょう。

古いものに「NO!」と言い、世界がそれに同意したと言えば、大げさでしょうか。

自分の好きなものをつくるためではなかった。
何よりもまず、自分が嫌なものを流行遅れにするためだった。
わたしは才能を爆弾に使ったのだ。

NOのモチベーションの強いこと。
そして、それがGOの意志と一直線になったということですね。

しかし。
古いものを壊したはずのシャネルが、世界的企業となり、
ハイブランドとしての地位を築いて、早くも何十年かが経ちました。

さらに時を経て、新しい何かが現れる時、
わたしたちは、どんな反応を示すのでしょう。

本には、他にもシビレる言葉が、たくさんあります。

猫みたいに抱きかかえられるのも嫌い。
わたしは自分が歩いてきた道をまっすぐ行く。
たとえその道がうまくゆかなくても。

15年間の一時的な(と言っても長い)引退のあと、
70歳で復帰し、87歳で亡くなるまで猛烈に仕事を愛した人。

このブランドのすごいところは、今、彼女が生きていても、
しっかりOKを出すであろうものしか市場に出てこないところです。
このゆるぎなさが、ゆるぎない…。

彼女のライバルとも言われたエルザ・スキャパレリ
『ショッキング・ピンクを生んだ女』:スキャパレリはいかにして伝説のデザイナーになったか
という記事も、ぜひご覧ください。)

これは、シャネルの写真の中でもわたしが一番好きなものです。
(美しく、気高い。)

シャネル

 

『ショッキング・ピンクを生んだ女』:スキャパレリはいかにして伝説のデザイナーになったか

(書影をクリックすると、アマゾンのページに移行します。)

これは、1954年に出版されると同時に本人の引退というショッキングな話題を呼んだ、
エルザ・スキャパレリの自伝です。

ショッキング・ピンクという色を発明したスキャパレリ。

1930〜40年代にシャネルとともにパリのオートクチュール界の女帝として君臨した、
最も創作力ある個性的なモード界のシュルレアリスト。

通称スキャップ。

サルバドール・ダリやジャン・コクトー、マン・レイ、
彫刻家のジャコメッティたちとの交流を深め、
アートとファッションの融合を図ったアバンギャルドの権化。
(シャネルは、彼女の才能に嫉妬していたとか?)
(参考:『シャネル VS スキャパレリ』)

彼女のメゾンで働いていたデザイナーには、ピエール・カルダンジバンシィらがいます。

生まれた時に女の子だったのをガッカリされて、名前も用意されていなかった彼女は、
特にファッションを志していたということでもなく、
むしろ詩人が生きるために展開したお商売のひとつがファッションだった、という感じ。

スキャパレリの言う「女性のための十二戒」

1. 自分自身を知らない女性が多いが、知ろうとするべきである。

2. 高価なドレスを買っては取替え、よく悲惨な結果になる女性は、
無駄遣いをしているし、ばかである。

3. たいていの女性、および男性は色がわからない。
忠告を求めるべきである。

4. 覚えておいてほしい–女性の20%は劣等感を持っている。
70%は幻想を抱いている。

5. 90%は、自分は派手なのではないかと悩み、
人にどう言われるか気になっている。
だから、グレーのスーツを買う。
思い切って違うものを選んでみるべきである。

6. 女性は適格な人物の批評や助言を聞いたり、求めたりするべきである。

7. 服を選ぶときは、ひとりで選ぶか、男性と一緒に選ぶべきである。

8. 女性とふたりで買い物をしてはならない。
故意もしくは無意識に、相手にしっとすることになりやすい。

9. 買うのは少しだけにする。
そして一番いいもの、もしくは一番安いものを買うべきである。

10. ドレスを体に合わせるのではなく、ドレスに合うよう身体を鍛えること。

11. 自分のことをわかっていて尊重してくれるような店、
主に一軒で買うべきであり、流行を追い回そうとしないこと。

12. そして、支払いは自分ですること。

ん?と思うところがないわけではありませんが、
「我が意を得たり!」と思うところもありますね。

(2013年、彼女の名前を冠したブランドが復活しています。)

 『シャネル 人生を語る』:激しく強く生きた人も、ぜひご覧ください。

『誰もがあなたに引きつけられる プレゼンスのつくり方』:リーダーシップの体現


(書影をクリックすると、アマゾンのページに移行します。)

プレゼンスと言っても単なる装いや振る舞いの域に限りません。
つまりは、リーダーシップの体現。
これに尽きます。

帯には『経営トップから就活生まで 自信にあふれ、一貫性があり、
周囲が抵抗しがたい「存在感」を身につける。』
とあります。

「完璧な人間になれると信じているのは、結局のところあなただけ」、
と、この本は言います。

わたしたちは率直でいることを弱点と混同しがちですが、
実際にはそれは強みとなり得るのです。

あなたは完璧主義にむしばまれてはいませんか?
・自分を完璧に見せたいがために隠そうとしている弱点や課題の中で、
 人とのつながりを生むかもしれない要素はなんですか?
・隠していたり、いつもないがしろにしたりしている困難や失敗はありますか?
・自分が本当はどんな人物なのかを人が理解できるよう、
 自身について明らかにできることはなんですか?

パンドラの箱を開けなくてもオープンになれます。

「成功の秘訣は知らないが、失敗の秘訣は知っている。
すべての人を喜ばせようとすることだ」 俳優ビル・コスビー

(ほんま!これは失敗のもと!←わたしも苦い経験があります。)

 

『リーダーシップとニューサイエンス』:「参加」とは?


(書影をクリックすると、アマゾンのページに移行します。)

一文だけ紹介します。

私たちが参加型の宇宙に住んでいるという認識はまた、
「オーナーシップ」の意義についての私の理解も深めてくれた。

***

参加する:take part

そう。
「参加」とは、part を take することです。
(わたしは、より積極的な意味で「参画」という言葉を使います。)

「オーナーシップ」の「オーナー」の意味にも関わってきますね。
 
(著者は「対話」がはじまるとき』も書いています。)

 

ブルーノ・ムナーリ『かたちの不思議』:「パタ-ン認識」と「哲学」のつなぎ

  
(各書影をクリックすると、アマゾンのページに移行します。)

ブルーノ・ムナーリの不思議な本です。
わたしは「パターン認識」と「哲学」をつなぐものとして手元に置いています。

「シンプルな真理」、いや「真理はシンプル」、です。

 

『アルクトゥルス・プローブ―銀河連盟と現在進行中の調査、及びその物語』


(書影をクリックすると、アマゾンのページに移行します。)

とても不思議な本です。
一カ所だけ、紹介します。

あなたがたが、自分のハートの相似形を見つけるには、
あなたがたの愛することを行ない、それを芸術にせよ。

何か、ヒントになりますか?

 

『自分の仕事をつくる』『自分をいかして生きる』『なんのための仕事?』by 働き方研究家 西村佳哲

 

   (各書影をクリックすると、アマゾンのページに移行します。)

「働き方研究家」を名乗る著者が、
さまざまな「仕事をする人」たちにインタビューを行い、まとめた3冊。
(肩書きを自分で決めること=アイデンティティの選択、大事です!)

本のカバーから一部を紹介します。

1冊目:『自分の仕事をつくる』make your work!
他の誰も肩代わりできない「自分の仕事」をすることが、人を満足させるいい仕事の原点ではないか?「社会は働き方から変わる」という確信のもと行われた、ワークスタイルとライフスタイルの探検報告。

2冊目:『自分をいかして生きる』live alive?
「仕事」は「人生」と、「働き方」は「生き方」と背中合わせで、他の誰にも肩代わり出来ない一人ひとりの「生」に直結している。人間の一番の大仕事は「自分をいかして生きる」ことなんじゃないか?

3冊目:『なんのための仕事?』for what?
どの仕事の先にも、かならず人間がいる。わたしたちの働きの意味や質はその人間が、どんな存在として見えているかに掛かっていると思う。技術もやり甲斐も、そのあとをついてくるのではないかな。

***

「才能とエネルギーを自分が信じることに使おう」。
「安易なところにチューニングしていかない」。
「小さくて具体的な工夫の積み重ね」、これが仕事だ。
「こんなもんでいいでしょ」的なテキトーな仕事はないだろ?

そうだよ!わたしが言いたいのはコレだよ!と思った次第です。

人は、いい仕事をしたい生き物だという真実。
いい仕事とは、嘘のない、矛盾のないところにある、
人に「ありがとう」と言われる仕事。
そのために、「才能とエネルギーをあなたが信じることに使おう」。

「はじめれば、はじまる」。
「はじめないかぎり、何もはじまらない」。

「〇〇したいけど難しい」という人がいる。
「難しい」に力が入っている。
「難しいけど〇〇したい」という人がいる。
「したい」に力が入っている。

さて、あなたにとって「仕事」とは?

著者のサイト http://www.livingworld.net/

***

わたしの「法人契約でこそ、できること」というページもぜひご覧ください。

「最高の自分」が「最強のチーム」で
「最良の顧客」と「最善の仕事」をする。

これ以上に、また、これ以外に何かあるでしょうか?
どないでしょうか?